BARKS NEWS

2009年12月08日

11/28 CHOCOLATE DISCO ver.6

先週のチョコディスの話。

正直言って集客的に厳しいものがあるなーと凄く危惧しておりました。
でも、それでもチョコディスを楽しみにしてくれる人達がいて、
それを目の当たりにしたら、泣けそうなくらい嬉しかったです。

目の周りを黒くしました。
真っ黒に塗り潰しました。
Limpのウェスみたいな感じ。
もしくはBuck-Tickの今井。
やってみたかったのです。

そんなことはどうでもいいのですが、
イベントとして壁にぶち当たったのかもしれません。
今までが順風満帆でした。
ようやく困難を乗り切る時が来たようです。

チョコディスは大変良いイベントです。
何としてでも良いイベントに仕上げます。
今後ともそうしてゆく予定です。

次回はもっと懸命になってやります。
がんばるよ!
posted by tarutaru at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

10/31 BE-WAVEハロウィンパーティー

突発的に開催されたBE-WAVEのハロウィンパーティーに参加しました。
久しぶりにCDを持参して回しました。
初の繋ぎに挑戦。あまり上手く繋げませんでしたw。

流した曲の中で一番カッコよく響いたのはこれでした。


やっぱりオレはロックだわw。
posted by tarutaru at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

7/19 Chocolate Disco ver.5

チョコディス5回目。
チョコディス的にはver.5です。

今回はリラックスして出来ました。
ちょうどいい感じのお客様でしたし、それなりにゆっくり出来たと思う。
やはり目が行き届いているというのはいい感じです。
訳分からないことなんてないしね。

DJやVJ CREWも最高の面子でした。
心機一転で新しくしたけど、これもアリだよなと思いました。
けど、今までのCREWともまたやりたいよ。

輪は広がってゆく。
可能性はどんどん取り込んでみる。
こんな感じですよね。

オレのDJは相変わらず。
ロック掛けようがハウス掛けようが同じことかもしれない。
テクニックがないのではしゃいで回していた感じである。
でも、これも好きという人がいるから有難いことよ。
DJ tarutaruとしては精進開眼ということで、これから精進します。

でも、良かったなぁ、お客さん。
楽しんでくれる姿を見るのが好きです。
そりゃいつも楽しんでいるだろうけど、けっこう余裕をもって接することが出来たし。

ただ一つ残念だったのは、ちょっとした身内のオイタ。
そりゃねーよ、っていうのがあった。
お客さんに不快な思いをさせてしまったことには間違いない。
今でもその人たちに頭を下げて詫びたい。

イベントで大事なのは礼節だな、やはり。
親しき仲にも礼儀ありという言葉が好きです。
あとは適度の緊張感。弛緩はトラブルの元だわ。

そんな感じでした。
posted by tarutaru at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

7/4 FUJI ROCK NIGHT @ BE-WAVE

DSCF0228.jpg

フジロックナイトでDJをやってまいりました。
会場内はROCK兄さんと姉さんでごった返しておりました。
いいね、いいねと感情を高ぶらせてブースに立ちました。

セットリストを見てくれれば分かるとおりです。
完全にROCK仕様、久々です。

こういうイベントは本当に久しぶりでした。
とても楽しかったです。
モッシュが起きた時は久々に燃えましたw。

とても楽しくやれました。
posted by tarutaru at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

4/25 CHOCOLATE DISCO ver.4

オフィシャルのレポは下記参照。
http://chocolate-disco.seesaa.net/

当日は雨。
静かに準備。
緊張感漂うピリピリムード。

受付業務をやっていた。
けっこうハードであった。

Extraはロックを流す。
裏が掟ポルシェで、BE-WAVEには3名。
ロック好きが3名いれば十分だった。

Mainではラスト。
Lily chou chouでスタートするなんて暴挙。
Omenで喜んだのは男だけであったw。
らしさの追求。

何とか無事に終わってよかった。
と、TO-RU君と口をそろえた。

他とは違う何かを。
それを追求するのがCHOCOLATE DISCOの宿命。
あとは、楽しくやろうぜ。
それも宿命。

そんな感じ。
posted by tarutaru at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

SOUL MATE MUSIC FESTIVAL 2008

今更ながらレポを。
Soul mate music festival 2008に行ってきました。
8/16に(遅いw)。
http://www.soulmatefes.com/

RYUKYUDISKOの廣山兄弟とMEGを見たくてね。
あとはダレンエマーソン(ex.Underworld)。

MEGは口パクではなかった。
感動した。
廣山兄弟はテクノでした。

国立競技場がクラブハウスになるというイベント。
楽しめましたけど、眠かったので半分寝てたw。
posted by tarutaru at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

CHOCOLATE DISCO ver.2

総括は以下の記事参照。
http://chocolate-disco.seesaa.net/article/103271776.html

以下個人的な所感。
凄くよかったです。今回もお客様に救われました。
しかし、いくつかお詫び。
機材トラブルは仕方なしかな、次回の懸案事項。
あと、熱対策も懸案事項。
この2点に関しては、ごめんなさい!

選曲に関しては、ウケ狙いがあまり受けなかったかもしれないが、
RYUKYUDISKOは良かった。
Perfumeに関してはRemix等のマニア向けの選曲は基本的に外す。

エレクトロイベントとしての指針は保ち続けたい。
Perfumeは軸に置いておいて、そこらへんに取り巻くエレクトロを流し込みたい。
そうすればオレらが目指したエレクトロイベントになるのではないだろうか。

PerfumeイベントならTHE MAD CAPSULE MARKETSは流れないだろう。
だがココで流す、「W.O.R.L.D」はエレクトロとロックの融合だ。
それを証明したかった。

今回も各DJの個性が出ていた気がします。
ココまできたら個性だね、これは本当に。
みんなの個性があってこそCHOCOLATE DISCOなのかもしれない。
Perfume好きは共通項で、あとはバラバラだしさ。

今回はこんな感じでした。
posted by tarutaru at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

FULLTIME vol.10

約11ヶ月ぶりのFULLTIMEということで、緊張しておりました。
主催イベントとなると緊張しまくります。

今回はスピーカーを4つ設置してのイベント。
果たしてどうなることやら、と思ったのですが、
最強の爆音具合でしたw。

今回組んだメンバーはCHOCOLATE DISCOでお世話になっている方々。
彼らのもう一つの側面が見たくてオファーを掛けました。
みんな快く受けてくれて嬉しかったです。

まずはsewage。
どんな攻めをするのか注目しておりました。
緩やかなグルーヴからカオスチックな空間をかもし出しておりました。
なかなかやりますな!と思いました。

続いてotooto22。
sewage君いわくムチャクチャ楽しみですよ!というので、楽しみにしておりました。
テクノで攻めると聞いておりましたが、こりゃ凄い!と感心しました。
テクノでスクラッチも決める!うわぁー!
舌を巻きました。

TO-RU君に関しては、FULLTIME仕様。
彼のロックというものを久々に堪能しました。
長くFULLTIMEに出ていただいて感謝します。
タテノリで踊りました。

SUEZO君はバリバリのハウスチューン。
バキバキに攻めておりました。
後半最後の曲は嬉しかったです。

DOGGYはやる前からロックを見せ付けてやる!とコメントしたとおりでした。
KPミニを活用したロックとカオスの混合空間を作り出しておりました。
ブランキーとミッシェルは心に響きました。

わたくしtarutaruはセットリストの通りです。
余裕のかけらも感じさせないセットを組みました。
耳が痛くなるくらいロックを聴きたかったのです。

あと、今回は急遽VJの120BPM君にも来てもらいました。
素晴らしい映像をバックにやらさせてもらいました。
ありがとう!。

10回目のイベントは大変満足しました。
この場をもってDJの皆様、ならびに来て頂いた皆様に関しては感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。
posted by tarutaru at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

Night Tripper Vol.1

昨日はBE-WAVE主催の「Night Tripper」というイベントに行く。
インド音楽をテーマとしたイベント。
初めてシタールとタブラの演奏を聴く。
痺れたね、久々に。
なんか心地よかった。
一生懸命見ていたけど、もっとリラックスして見ててもよかったな。

あとは渋さ知らずのギタリスト、大塚寛之氏のギター。
コチラはエフェクターばかり目が行ってしまった。
習性だろうか。
なかなかトリッキーな演奏でした。

民族音楽も良いね。
ガムランとかシタールとか好きよ。
ゆるーくグルーヴを感じるというか。

いいイベントでした。
posted by tarutaru at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

CHOCOLATE DISCO

メインのイベントレポは下記参照。
http://chocolate-disco.seesaa.net/article/83398710.html

いやー、マジで楽しかった。
同時に忙しかった。
まともにお相手できなくてすみません。
あんなにたくさん遊びに来てくれてありがとう!。
FULLTIME CREWの皆様も感謝します。
楽しんでいただけましたでしょうか?。

本当に凄かった!。
ありがとう!。
posted by tarutaru at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

Shorts Night vol.7

昨日はTO-RU君率いるThe Shortsが主催する「Shorts Night vol.7」に遊びに行ってまいりました。
場所は三軒茶屋のGURUGURUというカフェみたいなところ。
小洒落た店でした。

12時前に行ったので、ライブは終わっていた。
なかなか落ち着いた雰囲気でした。

Shortsの面々の選曲もラウンジっぽいものが中心。
普段tarutaruが掛けているようなものはないので、新鮮でした。

TO-RU君の選曲もちょっと変化してきている様子。
以前はUKロックをけっこう好んでチョイスしてきたのだけど、最近は4つ打ちを多用してきている。
音楽の嗜好は変わるものだよ、といっていた。

久々に最後までおりました。
楽しい夜を過ごせました。
posted by tarutaru at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

BE-WAVE COUNTDOWN PARTY

31日はBE-WAVEのカウントダウンパーティーに参加させていただきました。
むちゃくちゃよかったです。

セットリストは見ての通り。
完全に暴れ仕様です。
2月にエレクトロイベントがあるので、それはそっちにとっておいて、ROCKのイイトコロを出しまくりました。

カウントダウンの時にシャンパンが振舞われたのが粋な計らいだと感じました。
同時にDAFT PUNKの「One more time」が掛かった時は本当に下のフロアは大熱狂でした。

昨日は本当にあたまわるいDJ tarutaruでした。
やりたいことをやりつくした感じです。

皆様ありがとうございました。
posted by tarutaru at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

Laptop Battle 2 @ Super Delux

12月12日に開催されたLaptop Battle 2に行って参りました。
単なる興味本位で。
http://laptopbattle.jp/tokyo/index_en.html?page=home

会場は六本木のSuper Delux。
初めての会場でした。
入ってみたら、広い空間が広がっておりました。
とてもクラブという感じではないのですが、ある意味カッコいい空間でした。

周りは日本人と外人が半々という感じ。
あー、六本木って感じ。

8時スタートだったのですが、なぜか30分押し。
司会者がやってきてスタート。

このイベントは8組の挑戦者が2人ずつ戦います。
戦い方は3分の曲を交互に2セット行って、審査員のジャッジで勝負を決めます。
8組ということは6曲用意すれば決勝までいけます。

っていう感じですが、けっこう白熱しておりました。
ノートPCとコントローラーのみ持参でき、それで演奏します。
中には凝ったコントローラーを持ってきた人もおりました。
機材は意外とLive!を使っている人が多かった。
REASON使いはいませんでした(ちょっと寂しい)。
逆を言うと、Live!が欲しくなったw。

いやー、3分というのが長く感じたり、短く感じたりと、
なかなか楽しめました。
DAWの可能性、というより出来ることをまざまざと見せ付けられました。

感想を。
イベント自体は面白かった。
でも、司会者が途中からだらけてしまったのが残念であった。
あと、挑戦者が途中で帰るっていうのはどうよ?
最後まで参加しろよな、という感じ。
あと、休憩が長かった。
おかげで11時半に終わりました。

でも、勉強になりました。
次回も時間があれば覗きたいと思います。
posted by tarutaru at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

20071201

おおよそ1ヶ月ぶりのDJでした。
基本的にはお誘いいただけたら参加させてもらいます。
(それはどこでも通用する話です、DJオファーに関しては)

今回も参加させていただきました。
毎回回すメンツはお馴染みになりつつありますが、見るたびにどこでこんなCDを売っているのか、同じアーティストの曲なのかと思ったりします。
(当然違うアーティストの曲を上手につないでいるのです。BPMあわせ等がとてもお上手)

自分とは違うジャンルですが、勉強にはなります。
特につまみの使い方とか。

3時からやらせていただきました。
セットリストは公開したとおりです。
前半はちょっとエレクトロ、ダウナー系から始めて、
MUSEがカヴァーしたCan't take my eyes off youあたりから上げてきました。
しかし、前回もそうですが、激しい曲で暴れてくれるKIDSがどこからか沸いてくる風景を見ると、うれしく思います。
反応がよかったり、暴れてくれたりすると、こちらも応えたくなります。
よくいうコールアンドレスポンスです。

ラストはDreamin'を掛けました。
一度掛けてみたかった曲です。
これをラストにするにあたり、次のDJ(Doggy)に「ひどい終わり方をするので大変だと思います、すみません」と一言断りを入れておきました。
案の定、大変そうでしたw。

最近選曲的には満足いっております。
その満足は客の顔を見れば分かります。
写し鏡みたいなものです。

次回は12月31日に年越しパーティーのオファーをいただいております。
カウントダウンに加担できるなんて幸せかもしれません。

ありがとうございました。
posted by tarutaru at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

20071103

昨日は急遽誘われて回させていただきました。
なかなかよかったです。

やはりあまりにも急なので、誰かを誘おうにも皆様忙しくて来てくれず。
ということで、一人で出向きました。
レッチリナイト以来かなw。

1時ぐらいに会場入りすると、ごっつりとディープハウス(というのかな)がかかっておりました。
2時から回した人はその流れを踏襲して、トンネルを抜けたような歌モノを掛けてくれました。
3時からは再びハウステクノ、でも、起伏のある感じで楽しめた。

4時からでしたが、あれ?オレだけロック?という具合でスタート。
見てもらえれば分かるが、4つ打ちは封じた。
4つ打ちはオレの番までずっとかかっていたしね。
個人的にはいい選曲だったと思う。
少し反省するならば、布袋使用率高かったw。
あと、途中から入ってきた人で、
MADに反応してくれた人がいてうれしかった。

ラストはDJアマノ、今回はRADIOHEADの軸においていた気がします。

いい暇つぶしでした、楽しかったです。



<追記>
2番目に回した人と途中まで一緒に帰りました。
布袋のことを話しました。
とてもいい人でした。
posted by tarutaru at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

BE-WAVE Sound Wave改装Party

昨日はBE-WAVEの地下一階にあるSOUND WAVEが改装したのを機にしたお披露目パーティーに出演しました。

早速拝見すると、なかなかいい感じになっておりました。
DJブースが広くなっており、使いやすい感じ。
隣には臨時バーカウンターも出来上がっておりました。

入店したのが0時半ぐらいでして、ハウスがガッツリと流れておりました。
ハウスを聴きながら酒を飲み、踊り、まったりして出番を待つ。
4時40分からでしたが、実際は10分押しでした。

ここでちょっと失敗。
ミキサーが変わっていたので、モニタースイッチが分からず。
同時に、使っているチャンネルを把握してなかった。
これは失敗した。。。反省点1。

もう一つ失敗。
ちょっと飲みすぎた。
音作りが雑になった。。。反省点2。

来てくれた人には感謝します。ありがと。

セットリストは先ほど載せましたが、後半は全て変えた。
最後のチョコレイトディスコはリクエスト。

ラストはアマノさんが締めました。
最後のNIRVANAは盛り上がった!。

会場を出たのが6時半、朝日が昇っていました。
次回はFULLTIME vol.10でしょうかね。
おつかれさまでした!。
posted by tarutaru at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

FULLTIME vol.9 PHOTO

当日のイベントの写真です。

こちらからどうぞ
posted by tarutaru at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

FULLTIME vol.9

昨夜開催したFULLTIME。
無事に何事もなく終了したことをご報告申し上げます。
来ていただいた皆様には本当に感謝申し上げます。

今回はいろいろと大変でした。
だいたい開場の1時間前から色々と準備をするのですが、
フロアが開くのは10時半からというので、30分で開場まで漕ぎ着けました。
音のチェックもリハーサルもままならないまま、最後の最後でミキサーがPHONOに繋がれていたことで音がおかしくなっていたので、それを3分前に直してスタートという形。
はじめのほうは音のトラブルがないかドキドキものでした。
しかも客の入りがスローなものでしたので、イベントをやっているという実感沸かず。

音のほうは何とか最後までうまくいきました。
その点に関して言えば、そのことでDJを不安がらせたのは反省点です。

会場の雰囲気に関しては、あんなものでしょうね。
だんだんとヒートアップしてきたので良かったなぁと思っております。
最後のほうは予想通り皆様疲れ果ててダウンされておりました。
まぁ毎度のことですが、それでもいいかな。

各DJを私から見てかきますと、
YUKIKO SHARONはアウェイでのプレイがFULLTIMEで最後らしかったです。
FULLTIMEのカラーに合わせてくれた選曲をしてくれました。
後半のほうはらしさ発揮していただけたような気がします。

TO-RUは相変わらず安定感のあるリズム重視のつなぎ。
繋ぐという観点から言うと、一番お上手でした。
体で思い知れ、という感じでしょうね。
知らなくてもノリノリになれました。

kenzo_riaも外れなし。
かゆいところに手が届く選曲だったと思います。
オレらが聞いたことあるナンバーでもアレンジが違ったりと、
ちょっとした変化球的なナンバーを多用してくれました。

T-LOCはもっともっとメロコア漬けかと思いきや、
今回は意外と多様な曲を用意してくれました。
前半は全部サマソニのアーティストという筋を通したプレイ。
後半は毎度のT-LOC節炸裂でした。
(ちなみに今回のビデオは全てT-LOCの持ち込んだもの)

私に関していえば、どうだったのでしょうね。
前半はフェス仕様ということで、ロッキンジャパン、フジロック、サマソニと横断的な感じ。
後半はオープニングのミニストリー以外は全部邦楽。
久々にぶっ潰そうかなと思ったり。
混沌とした感じでした。
曲も情勢を見ながら2曲ほど入れ替えました。

あと、今回飛び入りで参加してくれたサソリベイダーのプレイは久々に見れました。
後半のkenzo+SASORIのコンビ打ちは最強でした。
とことん追い詰める感じの選曲にやられっぱなしでした。



今回のイベントに関してはいろいろと反省点が散見されました。
DJとしての観点で行けば、いかに客を盛り上げるかにかかっております。
目の前にいるオーディエンスを煽って躍らせるかが勝負です。

もう一つ、オーガナイザーとしての観点です。
会場入りから撤収まで、ずーっと見ております。
会場に来てくれた方全員の行動やらを見ております。
照明から音の出方までをチェックし続けました。

オーガナイザーとして言えることは、
もっとお互いに歩み寄れればいいなということです。
DJとオーディエンス、オーディエンス同士、DJ同士。
もっと出来ただろ、という感じがします。

イベントで重要なのは雰囲気作りです。
いかに楽しい雰囲気を作れるかというのがとても重要なファクターです。
今回は客に助けられたなという感じがしました。


まぁ、でもこんな感じでよかったのかね?。
いくつも不満な点は残るけど、次回の糧にします。

ありがとうございました。
posted by tarutaru at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

SOUNDWAVE PARTY

070617_0041~01.jpg金曜の夜にmixiを見ていたら、急遽BE-WAVEでDJ募集の告知が。
武者修行を積み重ねてゆきたいと思っていたので、志願した。

当然のことだが、昨日の今日なので選曲などまともにしなかった。
というよりも、会場の流れを見てどんな感じかを掴んで流せばいいやと思っていた。
知っている人はほとんどいないだろうから、ここは思い切って普段流さない曲を流してみようかなと思ったり。

会場入りは遅くなってしまった。12時過ぎ。
そしたらバナナ、T-LOC、ダリオの3氏がいらっしゃっていた。
ちょっとびっくりした。

会場ではユキコシャロンが流しておりました。
心地よいUKを聞きつつも頭の中ではどんな感じかを描いてみた。

で、流したのがあのセットリスト。
懐かしい曲がたくさんになりました。
RADIOHEADの「JUST」のカヴァーを流して緩い空気を吹き込んでやろうと思ってましたが、
途中からどんなのを流せば上のフロアで談笑している連中を下に引きずりこませようかと考えてました。
個人的にはブリグリあたりが引っかかるかなぁと思ってましたが、あまり反応がありませんでしたw。
意外なのが、滅多にかけない矢井田瞳。
「Look back again」を流したら流れ込んできた。
あー、こういうのもアリだよなぁと思ってしまったw。

とにかく知っている曲だろうと思われるものを流した感じがします。
年代はオレのリアルタイムですが、COMPLEXあたりなんかは喜んでくれた人もいたし。
最後はブルーハーツを流そうと思っておりました。
この展開なら「Train-Train」かな、と。
絶叫して幕を閉じました。

その後も飲みつつ踊りつつで緩やかに過ごしておりました。
いろんな人に話しかけられたり、話しかけたりと。

最後の最後に大トリのDJ DoggyがMADの「Tribe」を流したときは超かっこよかった!。
おおー!という感じ、午前6時にMAD、痺れたw。

楽しかったです。ありがとう!。
posted by tarutaru at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

BE-WAVE memorial festival 1st anniversary

昨日はBE-WAVEの1周年記念イベントに出演させていただきました。

いやー、楽しかった。
最高に楽しかったです。
たくさん飲んで騒ぎました。

会場に入ってスタッフの皆様に挨拶をして、荷物を置きました。
19時からまわしていたユキコさんと会って挨拶をする。
DJプレイを見たかったのですが、時間的に見れず。残念でした。

自分の出番は0時からセカンドフロア(1階に作ったDJブース)で1時間の割り当てでした。
本当は地下のメインを取ってもらっていたのですが、時間の都合でどうしても合わなくて0時にセカンドとなりました。
ちょっと時間があったので23時からやるショーケースを見る。
コントと矢沢モノマネショー、ダンスを見て士気を高めましたw。

で、準備に取り掛かる。
セカンドフロアって一体…と思っておりましたが、割り当てられた時間と場所で最大限盛り上げるのがDJの仕事。
がんばるしかない!と念じてステージへ。
音的には物足りなさは払拭できませんでしたが、慣れればあんなものかなという感じ。

セットリストは見ていただければ分かりますが、滅多にかけないガッツリ構成でした。
ロック好きには垂涎ものだったかと思います。
はじめはフロア内は大人しいものでしたが、時間が経つにつれて暖まってまいりました。
布袋のGlorious daysを掛けたのは何となくでした。
あ、掛けてみようかなってくらいの気持ちで。
そしたら皆さん暴れだしましたw。
やはり布袋・MAD・michelleはロック好きには堪らない音なのだと認識しました。

イベント自体はロック系を23時まで持ってきていたみたいです。
0時以降はハウステクノ系。
そう考えるとロックのトリとなったのかもしれません。
ある意味で光栄なことでした。

その後はいろいろな人と話をして楽しみました。
自分のプレイを見て声をかけてくれた人も何人かいて、とてもうれしく思いました。
そういう人たちとロック談義になり、自分が持ってきたCDを見て、BRAHMANを持っているならあれをかけてほしいとか、ミッシェルならジェニーよりもダニーゴーが聞きたかったとか言うリクエストもあったり。

で、イベント責任者のアマノさんに話して、シークレットで少し掛けさせてほしいと話したらOKが出たのでシークレットで回す事に。

そのシークレットがもう一つのセットリストです。
すべてリクエスト。でも、皆様最高に楽しんでおりました。

久々に楽しいイベントでした。
お招き頂いたBE-WAVEには感謝申し上げます。
あと、CREWのバナナさんとヨシ君にも感謝します。
自分と話してくれた、盛り上がってくれた方にも感謝します。
ロックもまだまだ捨てたもんじゃないな、と思う次第でした。


イベント終了後
posted by tarutaru at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
全品10〜50%OFF!人気カラコン1980円〜。007速配コンタクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。